実は梅干しを漬けるのが趣味でして。
なんて言ってみたいし言われてみたいものです。

時期的に実演写真が無くて恐縮ですが、簡単に自宅で梅干しは作れますよ、という今日のお話です。

必要なもの
★完熟梅(黄色く熟した梅) 1kg
★塩 180~200g
※使用する梅の18%以下になると扱いづらくなります

★漬ける容器
※壺やビン・プラスチック容器など金属製のもの以外を選ぶ
※漬ける梅の分量の2倍以上の大きさを選ぶ
★落しぶた
※容器と蓋は、金属製のものを使用しないでください
★ざる(梅を干す用)
★重石(水を入れたペットボトル等でもOK)
★焼酎(容器や落としぶた、重石を消毒します)

色々書きましたが、
梅・塩・容器・落し蓋・重石というシンプルさ。
(焼酎は使用する容器を消毒するためです)

作ってみましょう

【果肉の準備】
梅は6~7月にお店に並びますので、その時期を逃すとまた来年!という事になります。
まだ色の青い梅は熟しておりませんので、常温で1~2日ほど置いて追熟させましょう。

1:まず、爪楊枝や竹串をつかって「黄色く熟した梅」のヘタを取ります。
ヘタを取りながら、梅が傷んでいないかを確認してください。
傷んだ梅はカビの原因になりますので使用しません。避けましょう。

すみません、これまだ青い梅ですが、ヘタの有無の比較に貼っておきます。

2:ヘタをとった梅を丁寧に優しく水洗いします。
完熟梅の果肉は繊細です。丁寧に扱ってくださいね。

3:洗った梅を、清潔で乾いた布巾や、キッチンペーパーなどで優しく拭いて水気を取ります。ヘタのところにも水は溜まりやすいのでそこも優しく。

【容器の準備】
4:使用する漬け容器の内側、落し蓋、重石に焼酎をかけて消毒しましょう。

【漬けます】
5:容器の底に塩を入れ、次に梅…というように塩→梅→塩→梅…の順に交互に入れ、一番最後は塩になるようにしてください。
均等に平らに積んでくださいね!


(塩漬けイメージ)

6:最後に振った塩の上に、落としぶたを置き、重石を乗せます。
(梅の分量の2倍くらいの重さの重石にしましょう)
その後、ホコリやゴミが入らないようにラップ等をかけて、冷暗所に保管です。

【梅酢の様子うかがい】
7:保管した梅は1日2日と日を置くごとに水分が出てきます。
これが梅酢です。
梅酢が梅全体を覆うほど出てきたら、後は天日に干すだけ!
だけ!なのですが、あいにくこの生梅が出回る時期は梅雨の頃。
梅雨が明けるまで静かに置いておきましょう。
保管中は重石を半分くらいに減らして梅が沈み込まないように調節してください。

【梅雨が明けて晴れたら天日干し】
8:梅雨が明けたら、天気の良い日を選び、梅を取り出して”天日干し”をします。

用意したザルに、梅同士がくっ付きすぎないように(風通しが良くなるように)並べ、日に当てます。

※太陽の光で乾かすというより、「風通しの良い状態にする」ことが大事です。
ザルの下を石やレンガなどで持ち上げて、下も風が通りやすくしましょう。
※日射しが強すぎる場合は半日陰に移動させてください。


農家さんの天日干し風景はこんな感じです。

【お天気に気を付けて干し上げます★完成】
9:両面を満遍なく干して、漬ける前の梅の重さの半分くらいまで軽くなったら完成!あとは食べるまでビンや壺などにつめて冷暗所で常温保存。

この状態で何年も保管できます!必要な時にもぐもぐするだけ!

ちなみにお召し上がりの際にしょっぱすぎるよー!と言う方は、ボウルに水を入れ、食べる分の梅干しを数時間浸ければ塩抜きが出来ます。
お好きな加減で取り出して、食べる前はもう一度乾かしてお召し上がりください。
塩分が抜けていますので長期保存はできません。1週間分くらいを目安に作り置きされると便利です。

 

【やっぱり買った方が楽かも…な方へ】

塩だけで漬けた梅は気になるけどやっぱり面倒じゃない?という方はこちら!
和歌山の梅農家さんが愛情いっぱい作った塩だけの昔ながらの梅干しです。
ぜひご利用くださいませ。

「白干し梅の通販なら梅干屋.com」