本日のお題は煮魚です。

焼魚はカボスやすだち等を絞ったりしますが、皆さん煮魚には何を入れていますか?

先日、離れた地域に住んでいる友達と食事の話になりました。
「サバの味噌煮を作ったよ!」

…ん?
実は和歌山は味噌煮の習慣が少ないのではと思っております。
私、もう全然若くはないのですが、未だに魚の味噌煮を食べたことがないのです。
味噌煮の存在は知っています。
でも味噌煮ではなくて、醤油煮がメインです。
ネットなどで見た結果、関東が味噌で関西が醤油と大まかに主流がわかれている様子。
とはいえ両方食べるご家庭もあるでしょうし、それは各々のご家庭事情だとは思います。
今住んでいるのがどこであれ、料理をする人の出身で変わりますしね!
にっしー宅は両親とも和歌山生まれ和歌山育ちなので、悩むこともなく醤油で煮ております。
味噌煮、気になります。
じゃあ作れば良いじゃないのと思われがちですが、味も知らないのに味噌煮を作って口に合わなかった場合、味噌煮美味しくないじゃない!という事態になるので一番最初はきちんと美味しいホンモノの味噌煮を食べたいのです。
関西でも関東でも良いので、職人さんが作った正当な味噌煮が良い(笑)
妙なこだわりのせいで、サバの味噌煮を食べる機会が無いままです。

そうこうしていると、煮魚の話になりまして、皆何味で作るの?何を入れて煮るの?と言う話題に。
そうすると関東の人が多かったことも有りますが、出てきたのは「味噌」と「生姜」でした。
生姜、確かに入れる!
でも何人かの意見を眺めていても出てこないんですよ。「梅干し」が。
恐る恐る「梅干し入れないの?」と聞いてみたところ、満場一致で「梅干し!?」という反応でした。
知られてないのかな、梅干し…。

★煮魚に梅干しを入れるとどうなる!?

カレイや鯛など白身の魚を煮る時は生姜を入れますが、主に背が青い魚を煮る時は梅干しをお鍋に1粒入れます。
臭みが消える上に煮崩れしないという優れもの。
梅干しが苦手で食べられない人でも、煮魚には入れると言う人もいます。
梅の香りが煮魚に乗って食欲が増します。入れた方が断然美味しい!
お魚と一緒に似た梅干しはほろほろになっていて、それを崩して食べるのも美味しいです。
臭みが取れた魚の、その臭みが梅干しに移ってるんじゃないの?と疑問に思われた方はいらっしゃいますか?
大丈夫です。梅に生臭みは付いておりません。
刻んだ生姜と両方入れても大丈夫です。
普段梅干を入れて煮ないよと言う方は是非一度お試しくださいませ(^-^*)

美味しく安全な紀州南高梅はこちらから
和の郷の梅干屋.com