こんにちは。

梅干しの違いってなに?
どれも一緒じゃないの?
買ってみたいけどお口に合うかどうか不安…。
いつもどこでも店頭で試食が出来ればいいのですが、それも難しく、また、通販ですと更に難しく…。
でも梅干しは身体の為にも食べたい。

そんな時に便利なのが「お試しセット」です。

和の郷のお試しセットはこんなラインナップ!

『和の守梅まろやか』『和の守梅はちみつ』『和の守梅しそ』『和の守梅うす塩小梅』の4種類です。
小梅は紀州産の小梅、その他は紀州産の南高梅を使用しています。
どれもとっても果皮が薄く、お箸でつまんだら破れそうなくらいほろほろです。
また、南高梅の果肉はふっくら肉厚で食べごたえも充分!

おかずが無くてもこの梅さえあればご飯がどんどん進みます。
食べ過ぎにご注意!

ここからは各お味を詳しくご紹介しますね。

『和の守梅まろやか』
和の郷の一番人気商品です。
塩分7%…と言ってもピンとこないかもしれませんが、市場で良く出回っているものが10%前後が多いので、少ししょっぱさが抑えられているかな、という感じ。
ごはんにも、調理にも使いやすいお味です。

お客さまから「家族から、これじゃないとダメと言われるんです」と言うお声も多数いただいております。いつも有難うございます。

『和の守梅はちみつ』
和の郷が販売する中で最も塩分を抑えた商品です。(H30.3.2現在)
塩分を4%まで抑えたはちみつ梅干しです。
塩分が低く、更に蜂蜜を使用しておりますのでとても優しい口あたりですが、黒酢も使用しているため、後口は爽やかです。

小さいお子様でも顔を顰める事なくお召し上がりいただくことが多い商品です。
(※人によって感じ方は異なります。ご了承ください。)

『和の守梅しそ』
梅干しらしい梅干しで、塩分は14%と少ししょっぱめ。
香り高い赤しそを使用しております。
また、保存料・甘味料は使用しておりません。
甘い梅干しは苦手…という方にオススメです。
ご飯がとてもよく進みます。
また、赤しそを使用しているため、お料理に使用しても、しその赤が映えて綺麗です。

お仕事やスポーツで汗をかいた後、また、夏期の汗をかきやすい時期などは塩分補給にもよく、減塩タイプよりオススメのお味です。
ランナーさんが走りながらお口に入れるのもこれくらいが良いのでは、と思っていたりします(^-^)

『和の守梅うす塩小梅』
小粒ですが主役級の存在感をもっているのがこちらのうす塩小梅。
塩分は6%と、「まろやか」とあまり変わらないのですが、小梅ですので口に入れるとしょっぱさの感じ方が少なく感じられます。
しょっぱくない。でも、甘くもない。
とてもシンプルなお味で、突出した個性やクセを感じない。それがいい。

ぽいぽいといくつでも続けて口に入れてしまえるくらい、実に素直で食べやすいお味です。
種を除いてまずはひと口。お子様の、人生の梅干しデビューにもいかがでしょうか。
また、年配の方で酸味に噎せがちな方でも食べやすい梅です。

※小梅にも種が入っております。お召し上がりの際はご注意ください。

4種それぞれに個性がございます。
どの梅にもクエン酸は含まれており、みなさまの身体を健康に保つお手伝いをしてくれます。
ダイエットに、体調の維持に、疲れをとるために…梅は美味しくあなたをサポートします。
お召し上がりいただく人、場所、目的…それぞれに合った梅を探してくださいね!

和の郷のお試しセットはこちら