こんにちは。

今日は普段の献立にちょっと1品添えられる梅干しの使い方をご紹介したいと思います。
それは、「天ぷら」です。
揚げたてサクサク、美味しいですよねぇ。

天ぷらを作ろうか。でも具が足りない。
ありきたりだから変わり種が欲しい。

そんな時、梅干しの出番です。

そして使い方は

【そのまま揚げる】

普段の具と一緒に、練った天ぷら粉を纏わせてサックリ揚げるだけ!
こんな感じになります。

梅干しの天ぷらは中央手前のものです。
梅は潰すとドリップが出やすくなるので、油ハネも懸念して種ごと使いました。
お召し上がりの際はお気を付けくださいね。

気になるようでしたら種を抜いて揚げてみてください。

気になるお味は…

う、梅干しや!!!

当たり前ですが梅干しでした(^-^;)
噛むと表面がサクッ、温かい果肉がふわっとして、すっぱい!

梅干しを食べてサクッとすることってあります?
これはちょっと面白い天ぷらになりました。

【衣に使う】

もう1つの使い方は、衣の方に使います。

天ぷら用に水で練った衣を準備する際、種を抜いて包丁で叩きペースト状にした梅を入れ、練り込みます。
それをお好みの材料に纏わせ、油で揚げます。
衣に梅の味が付きますので、お召し上がりの際に塩や天つゆ等は不要!
揚げたてを何も付けずにそのまま食べられますので、衣がしんなりすることも無く、サクサクで梅味の天ぷらになります。
梅は野菜にもエビや淡白なお魚にも合いますのでどの具材ともあまりお味で喧嘩することなく便利です。

【天ぷらにする=加熱される梅】

梅干しを加熱すると「バニリン」という成分が増え、この「バニリン」は一度増えると冷めても減らないとのこと。
こちらのバニリン、「脂肪燃焼効果」があるので、ダイエットのお手伝いもしてくれます。

揚げ物たべちゃったけど…という方も、加熱した梅干しの天ぷらで少し罪悪感も減りますね!

ぜひぜひご家庭で天ぷらを作る際はお試しください!

今回はこちらの梅を使用しました。
和の守梅まろやか