今日の夕飯はビタミンミネラル豊富な豚肉と、梅干しで家族のだんらんの時間にしませんか?

みなさん、肉巻きはお好きですか?
お酒がぐいぐい進みますし、
ごはんももぐもぐ食べられる肉巻き!
お子様から大人まで、年代問わずみんな大好きな肉巻き!

そんな肉巻きの具はどんなものをお使いですか?
アスパラ?
いんげん?
にんじん?
じゃがいも?

お肉に野菜を巻いて、焼いたり揚げたりするだけでとっても美味しい肉巻きですが、
今回は夏にピッタリの梅干しを使って、それに良く合う野菜を選んでみました!
それがこちら!

豚肉!

豚肉はビタミンB1を豊富に含む商品です。
ビタミンB1は身体全体の細胞を活発に働かせてくれる元になります。
梅のクエン酸は疲れの元となる乳酸を溜めないように働いてくれるので、
疲れた身体にはビタミンB1とクエン酸!
合わせて美味しい豚肉×梅干しで決まり!

どちらも代謝を良くしてくれる元となりますので、夏バテの身体にピッタリだと思いませんか?

更に、ビタミンB1は水溶性。
茹でたり煮たりすると栄養素が流れてしまうので、焼く・揚げる・炒めるのが上手な調理法!
また、梅干しは加熱することで「バニリン」という脂肪燃焼効果を持つ成分が増えます。
なので、今日の肉巻きは「焼き」ます。
せっかくの栄養素は逃がさない!増やして食べる!
ということで、美味しい肉巻は続きをどうぞ!

↓↓↓

★豚ロースで美味しい梅入り肉巻き★

★準備するもの★

・豚ロース
・大葉
・梅干し
・チーズ
・山芋

★作り方★

1:↓画像のように、広げた豚肉の上に具を全て乗せます。
梅干しは種を抜き、肉巻1切れにつき半分使いました。
使用した梅は1粒20g前後(種を含む)の和の守梅まろやか(塩分7%)です。

2:1を破れないようにくるくる巻きます。

3:フライパンに並べて焼きます。味付けは、チーズと梅の味が有るので、黒胡椒のみです。
油もお肉から出るので使用していませんが、様子を見て少なければ少し足すくらいで良いかと思います。

4:具が大きく両端をお肉で閉じていない場合、焼き始めると画像↓のようにチーズがとろとろと溶け出てしまいます。
気にする場合は、具を減らす・お肉を増やすなどして両サイドを包み込んでください。
でも、焼く場合はあまり気にしなくても大丈夫!溶け出たチーズをお肉の周りに纏わせ、チーズをカリカリに焼きましょう!

5:お肉に火が通り、程良く焦げ目がついてパリッと焼けたら最後にほんの少しごま油を鍋肌に入れ、お肉を絡めて完成!
今回はお肉以外は生でも食べられるものばかり使いましたので、これで大丈夫。
もしジャガイモやニンジン等、生で食べられないものを入れる場合は、下茹でしておいてくださいね。

これは焼き立てがあつあつで美味しいのはもちろんのこと冷めても美味しいのでお弁当のおかずにもオススメ!!

補足:
山芋は生ではシャキシャキとした歯ごたえ、火が通るとホクホクになるので太く切っても補足切っても大丈夫!
また、梅は肉巻き1つに対して沢山入れてしまうと味が濃くなってしまいます。
梅干し1粒辺りの塩分なら健康な人だと気にする塩の量ではありませんが、それでもあまり食べすぎると塩分も気になるので、少し少なめかな?と思うくらいでちょうどいいかと思います。
その方がたくさん食べられますしね!
使用する梅干しの塩分によっても味の感じ方は違いますので、お手元の梅の味と相談してみてくださいね!

油の使用も少なくヘルシーなのに
晩酌のお供に最高で
豚肉のビタミンでお肌にも嬉しく
お肉が大好きなお子様も嬉しい!
家族みんなが嬉しい夕飯のおかずにぜひどうぞ!!

今回使用した梅はこちら↓です。
ご飯との相性はもちろんのこと、調理にも使いやすく、美味しいうす塩梅干しです。
和の守梅まろやか(塩分7%)