日本人特有の現象だとは存じますが。

「梅干しを見ただけで口の内に唾がたまる」

あーー、わかる!
想像しただけでも口の中がキュッとすっぱくなる!

と共感して下さる方は多いのではないでしょうか?

でもこの”唾液のはたらき”を考えたことってありますか?

唾液は

・食べものの消化を助ける
・味を感じやすくする
・口の中の細菌の繁殖を抑える
・酸を中和して口の中を中性に保つ(虫歯を防ぐ)
・がんの原因となる活性酸素を減少させる
・口の中の食べかすなどの汚れを洗い流し、粘膜が傷をつかないように保護する
・食べ物を飲み込みやすくする
・口臭を防ぐ
・しゃべる時の発音(滑舌)を滑らかにする
美肌効果が期待できるホルモン「パロチン」を含む

実は口の中の唾液ってこんなにたくさんの役割がありました。
そして女性は特に、最後が気になるのではないでしょうか?

パロチンというのは唾液に含まれる美容ホルモンで、若返りホルモンとも言われております。
なんとこのパロチン「体内の壊れた細胞組織を修復する作用」があり、皮膚、筋肉、目などの粘膜を強化したり、肌の新陳代謝を活発にするそうです。
シミやシワなどお肌を気にする方は唾液をたくさん出す身体にすると肌が綺麗になって、肌年齢も若返りそうですね!

ますます唾液が大事な存在になってきませんか?

でもつらいことに、唾液は次第に減少していきます。
大きな原因は、唾液は噛むことで分泌されるため、加齢などで噛む筋肉が衰えると唾液が出にくくなってくるのです。
ちょっと切ない。

また、薬の副作用や病気によって減少する場合も有りますし、生活習慣の中では飲酒・喫煙なども唾液が減る原因とのこと。

でも、唾液が減ると今まで唾液によって支えられてきたものが不安に…。

となると、日頃から唾液を出す工夫をしたいものですね。

どうすれば唾液が出る?

 

・よく噛む
唾液は噛むことで分泌されるので、食事の際はよく噛むことを意識して。
噛みごたえの有るものをメニューにとりいれて、しっかりゆっくり噛むのも良いですね。

・唾液腺のマッサージや、意識的に舌を動かす
耳の下の耳下腺・あごの下の顎下腺・舌の下の舌下線
この3ヶ所を軽くマッサージ!指の腹で刺激すると、唾液の分泌を促します。

・酸っぱいものを食べる
レモンなどは世界的に皆さん見るだけで唾がたまるのではないでしょうか。
そんな中、日本人は「梅干し」を古くから生活に取り込んできた人間なので、梅干しでも効果抜群。
ぜひお口の中をじゅわ~~と潤して、口腔内を健康に保ちましょう★

梅干しは美味しく、また、健康を維持する手助けをしてくれます。
食欲増進、食中毒の予防、疲労をためない…さまざまありますが、梅干しを食べたり見たりすることで唾液の分泌が増えると美肌効果も高まりそうです。

これは、食べない理由はないですね!

見てじゅわ~、食べてじゅわ~!

みなさま、ぜひぜひ普段のお食事に梅干しを取り入れてください。

毎日の美味しい食事は毎日の美味しい梅干しから。

和の郷は美味しい梅干し習慣のお手伝いをいたします!
ぜひこちらをご覧ください。

和の郷の梅干屋.com
https://www.umeboshi-ya.com/