日本らしい食べものと言えば、何を思い出しますか?

お寿司?天ぷら?トンカツ?たこ焼き?それとも…?


どれを想像しても美味しいものが揃っていると思うのですが如何でしょうか。

とはいえ、日本人が想像する日本の食事なので、美味しいのは当たり前なのかもしれません。

では、他の国の、”らしい食べもの”は何があるかな…という中で、近頃、当店ツイッターも運営しているのですが、ツイッター内の公式アカウントの輪の中で変わった食べ物が流行っていました。

北欧の伝統菓子「サルミアッキ」です。
当店もお土産にとこのサルミアッキをいただきました。
サルミアッキは、”塩化アンモニウムとリコリス(甘草の一種)による菓子”とされています。

サルミアッキ詳細はこちらをクリック!
『出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

サルミアッキはリコリスの色をした黒っぽくて固く、小さなグミのようなもの。
口に入れると漢方薬のような味に混じって塩化アンモニウムが入っているのでどこかしょっぱさが…。
しょっぱい漢方薬…正直美味しくない!
社内でみんなにしれっと配りまして、全員でぱくっと食べてみましたが
・口に入れた途端我慢できない人
・しばらく食べていたけれど、中まで噛んだ瞬間やってくる第2波の味覚にやられた人
・美味しくは無いけれど、最後まで食べられた人

3パターンでした(笑)
私は3つ目の、「決して美味しいとは言わないけど、食べられます」でした。
煙草の箱くらいの小さな箱に、小さなグミがたくさん入っていて、1日1粒、甘草って書いてるから身体に良さそうだな~と食べておりました。

けれど概ね、皆さん罰ゲームのようになっており(笑)
その後、サルミアッキのガムを見つけて通販購入してみたところ、サルミアッキの本場フィンランドから届きました!
こちらのガムはサルミアッキの味がするものの、本物のサルミアッキよりは比較的マイルドでした(笑)

美味しくないと言いつつ、面白さと興味の方が強かったです。
食べられないわけではないですし、ガムはキシリトールも入っていて歯にも良さそうでした。
サルミアッキが苦手だった方も、ガムの方が食べやすかったみたいです。
リコリスの味が苦手でなければ大丈夫なのかも。

とはいえ、リコリスの味は日本人にはあまり馴染みのないもの。
私もリコリスってこういう味なのか~!!と勝手に記憶しましたが、塩化アンモニウムのおかげでちょっと間違えているかもしれない?

そんなこんな、その国々では定番の伝統的な食品でも、その他の国の人が食べると馴染めない!なんて事も多々あるのではと思いました。
広い世界の色んな物、食べてみたいなぁ。

さてさて、そんな食いしん坊ですが、日本人がホッとする梅干しなら当店にお任せ!


サルミアッキ?何それ?の後に、梅干しおにぎりの画像をどうぞ!

見ただけでなんだかホッとしませんか?

和の郷では、梅の生産量日本一を誇る、本場和歌山で生まれ育った紀州南高梅を販売しております

日本人が漬けた伝統の梅干し。
日本人魂が騒ぐ一品をぜひ和の郷にてお買い求めください

紀州南高梅使用 和の守梅(まもりうめ)はギフトにも、ご家庭用にも!
はちみつ入りの甘いものから、塩だけで漬けた昔ながらのしょっぱいものまでございます!

和の守梅の詳細・購入はこちらから!

梅干しは1,000円(税抜)~色々な大きさ・お味がございます!
ふっくら果肉の紀州南高梅は「梅の王様」と呼ばれています。
王様の名に恥じぬ肉厚な果肉を、お好みのお味でお楽しみください!

縁起のいい和の守梅はお祝いにもピッタリ!

和の守梅は 梅干屋.comにてお取扱い中!!
梅干屋.com https://www.umeboshi-ya.com/